読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simple +1

心地いい生活のためのアイディアと記録、時々雑記

仕事_「ノマドライフ」を読んで

仕事 雑記

おはようございます(^^)


simpleplus1.hatenablog.com

なかなかこれに関連するエントリーが書けないのは、
うまく情報収集が進んでいないから・・・(*_*;

自分が思い描く未来やキャリアプランは10年先くらいまで書き出しているものの、
なんか裏付けがたりないなぁ~
ちょっとワクワク感が足りないなぁ
なんて思っていました。

そんな時、たまたまこの本が目に入ったので読んでみました。


読んでみて、少し自分の進んでいく道筋が
明確になったので、
覚え書き代わりに、
ポイントを記載してみます。

2012年の本なので、古い内容ですが、私には十分。
今回は自分用の覚え書きです(^^;)

Chapter1:なぜノマドライフなのか?

ノマドライフは誰にでもできる。
ノマドライフは「今すぐ」できない


時間をかけてゆっくり移行していくのがよい
会社で固定収入を得つつ、定時後の時間や週末を使って徐々に準備する

確かに。
いきなり会社を辞めても、顧客の見込みがないと危ない。


ノマドライフまでの6つのフェーズ
①「ベースを作る時期」5年
  └あれこれ頑張るより、むしろ何かに集中。ノウハウの蓄積

②「方向性を模索する時期」3年
  └勉強したり、資格を取ったり、色々する。種まきの時期
  =未来のベーシックインカムをつくっていく

③「未来につながる実績を残す時期」5年
  └仕事に集中し、濃密に働く。時間ではなく、「質」重視で実績を。
  =一番ハード。濃密に働いて経営能力を磨く

④「転換期」2年
  └ステップアップし、新たなライフスタイルを作っていく時期

⑤「実践期」5年
  └今までのノウハウの応用とライフスタイルを楽しむ。ノマドビジネスの拡大。

⑥「シェアの時期」
  └ノウハウを伝えて、仲間を増やす


今はまだ②フェーズかな。
前職で集中して働き、
転職(といってもフリーランスに近いですが)し、
前職のノウハウを活かしつつ、+αの知識も要求されるため、日々勉強。
また、これだけでは自分の思い描く未来には足りないので、資格を取ったり視野を広げていく。

②のフェーズの卒業目安としては、
あと2年くらい。
この期間で、まける種は蒔いてみよう!
まずは行動(^^)/
悩んで考えているだけでは、何も変わらない。


そして、これから、実績を残していかないといけない時期がくる。
ここが今後の働き方を左右するカギ。


Chapter2:ノマドライフの実践

ベーシックインカムを手放してはいけない
・「もう一つの仕事」を見つけるための種蒔きをする
・「本業一筋」から「マルチキャリア」へ転換する


これ以降も、
「だよね」という内容がいっぱいでした。


自分の思い描くプランが、
・一人よがりではないか
・実行可能なものか
という点が心に引っかかったいたのですが、
この本を読んで、
そんなに間違っていなさそう
と思えたのが一番の収穫でした。


よし!
前向いて進むぞ~!!


お読みくださり、ありがとうございました(^^)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村