読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simple +1

心地いい生活のためのアイディアと記録、時々雑記

きっかけ2

自己紹介 仕事

こんにちは(^^)

時間や場所にとらわれない仕事をすること
を目指したきっかけです。

転職を決意・行動開始したきっかけは、前に書いた「入院」です。

その前に、
「う~ん…このままのペースで仕事できるだろうか」
と思ったのは、出産でした。

転職前の私の仕事は、とある国家資格者のみが行える業務で、プロとしての仕事が求められます。
会社の男女構成比は、男性:女性=9:1。
(最近、女性比率も少し上昇していますが)
入社時に同じ部署の既婚・子持ちの女性は、1or2名程度、結婚すると退職か裏方へ異動でした。

仕事の時間をみると、出産前は、
・週5日
・フルタイム
通常期でも、平均退社時間は21時
・繁忙期は終電生活&土日も出勤

出産後は、
・週5日
・定時まで勤務(残業免除)
→終わらなければ家で作業
・繁忙期は
(夫が定時であがれれば)残業
(夫も残業であれば)家で作業
&土日も(家で)作業

正直、余裕がなかった…

いくら作業効率をUPさせても、
クライアント先に赴かなければならない(場所の制限)、
かつ、
期限のあるお仕事なので、長時間労働が求められる(時間の制限)
中で、思う通りパフォーマンスをあげられない、クライアントニーズに対応しきれていないジレンマを抱えていました。

会社の評価も、「時間偏重」傾向が根強く、上司に「時短勤務者をどう評価していいかわからない」と言われた事もありました。

そして、2人目出産、復帰後に入院。


仕事内容は好きでしたし、やり続けたかった。
でも、身体が悲鳴をあげてしまいました。


入院中に考えたこと
働き続けるにしても、今の職場でなければならないのか。
家の事を外注して、今の職場に居続けたいか。
本当に私がやりたいことは何か。
今の職場に「執着」しているだけではないか。

今まで「常識と思っていたこと」「執着していたこと」を捨てて、自分の本心を問い続けました。

出た答えが、
家族>自分のキャリア
(ここでのキャリア=会社での昇格や評価)

家族、特に育児は期間限定。
今しかない!
育児は「育自」であり、私が成長するために必要なものとして与えられたもの。

お金を稼ぐ「仕事」は、
「育児」ができる範囲

しかも、自分が心地いい生活もできる範囲で

時間や場所にとらわれない仕事をしたい

と考えるようになりました。

お読みくださり、ありがとうございました(^^)